仕舞「胡 蝶」

吉野の奥に住む僧が、花の都を見物しようと上京し、一条大宮のあたりにやって来ます。そこに由緒ありげな古宮があり、その御殿の階段の下に梅が今を盛りと美しく咲いています。僧が立ち寄って眺めていると、そこへ人気のなさそうな家の中から、一人の女性が現れ声をかけて来ます。そして、この御殿や梅の木について語ってくれます。僧は喜んで、女の素性を問いただすと、実は自分は人間ではなく胡蝶の精だと明かします。そして、春、夏、秋と草木の花かがりし、法華経の功徳を受けたいのですといい、荘子が夢で胡蝶になったという故事や、光源氏が童に胡蝶の舞をまわせ御船遊びをなさったことなどを語り、もう一度、御僧の夢の中でお会いしましょうと夕空に消えてゆきます。

 

 

 

 

 

狂言「狐 塚」

主人は鳥が狐塚の田を荒らすので太郎冠者と次郎冠者に番をするように命令する。

ところが狐塚は夜になると狐が出て人を化かすので、気を付けよと念を押し鳥を追うための鳴子を持たせふたりを狐塚に向かわせる。二人は狐塚にやってきて早速に鳴子を使って鳥を追い出していたがだんだんと日も暮れてきたので主人の用意してくれた庵(休み所)で休むことにする。そこへ主人が差し入れとしてお酒を持ってきたのだが二人は狐が化けたおのだと思い、狐の正体を明かそうと松葉を焼いて煙で主人をいぶすが本物とわかり叱られて二人は逃げてゆく。 

 

 

 

 

 

能 「羽 衣 (和合の舞)」

春の朝、三保の松原に住む漁師・白龍(はくりょう)は、仲間と釣りに出た折に、松の枝に掛かった美しい衣を見つける。家宝にするため持ち帰ろうとした白龍に、天女が現れて、その羽衣を返して欲しいと頼む。白龍は、はじめ聞き入れず返そうとしないが、「それがないと、天に帰れない。」と悲しむ天女の姿に心を動かされ、天女の舞を見せてもらう代わりに、衣を返すことにする。

羽衣を着た天女は、月宮の様子を表す舞いなどを見せ、さらには春の三保の松原を賛美しながら舞い続け、やがて彼方の富士山へ舞い上がり、霞にまぎれて消えてゆく。

 

 

 

 

 

 

 

 
スマホでアクセス
スマホでアクセス